気になる?イマドキの社員研修!

社員研修の目的は会社によってそれぞれ異なる

会社に入社してから参加する社員研修は、社員の基礎知識やビジネスマナーを身につけるためだけのものではありません。社員同士の結束を高め、士気を高める意味でも非常に重要な役割を果たしますよね。したがって、研修内容や参加者の人選はそれぞれの会社によって異なります。目的がそれぞれ異なるため、従来の座学形式やワークショップ型などの枠にとらわれない、新たなスタイルの研修を実践する会社も増えています。
特にベンチャー企業やクリエイティブな企業に多く、より個性的な人材育成を目指していることなどが影響していると考えられます。時には過酷な環境に身を置き、社員の忍耐を強化する研修なども存在します。次項では具体的に行われた、珍しい研修内容について紹介していきます。

珍しい社員研修の事例

まず初めに紹介する研修は滝業です。滝業を行うことによって社員の精神を浄化し、強い心を鍛える目的で行われた研修になります。ノウハウを学ぶのではなく、精神を鍛えるという面では社員研修にはピッタリの方法かもしれませんよね。
続いては軍隊の体験訓練に参加する研修です。これは海外で行われている方法ですが、とても過酷な状況に置かれることにより、社員同士の連帯感を強める効果があります。これも従来の社員研修では考えられない方法なので、とても独創的です。
以上のように、さまざまな目的で実施される社員研修には、方法の垣根を越えてオリジナリティ溢れる研修がたくさんあります。これから社員研修に参加する方は、ぜひ積極的に参加するようにしてみましょう。