社員研修で学べることとは?

正しい敬語を使った会話

取引先とのやりとりでは、相手に対して正しい敬語を使用して会話をしたいものです。正しい敬語は相手にきちんとした印象を与え、相手から信頼を得ることにつながるからです。社員研修ではビジネスマナーのひとつである正しい敬語を身につけるものもあります。自分では敬語を正しく使えていると思っていても、研修で指摘されて自分の敬語が間違っていたと気づくこともあるようです。研修では自分が普段使っている言葉を改めて見直し、正しい敬語の使い方を身につける機会にしましょう。正しい敬語が使えることは、人と話す上での自信にもつながります。とりわけ営業マンなどは会話が売り上げを左右しかねますので、身に付けておきたいビジネスマナーです。

チームワークの大切さ

仕事では何人かで一つのプロジェクトに取り組むこともあります。社員研修でも似たようなものがあり、どうしたら今後の売り上げを伸ばせるか?など与えられた課題にグループで協力して取り組むというものです。一人ではなかなか解決に至らなくても、他の人の意見から解決方法が見えてくることもあります。さらにみんなで報告書を作成するなど、ときには人と協力しなくてはいけない場面も出てきます。皆で知恵を出し合って仕事をすることを体験し、課題を解決できたときチームワークの大切さを学ぶことができます。社員研修のワークは個人もしくはペアで行うものがほとんどですが、グループワークは一人では学べないことを学べる良い機会だと言えます。